借入が大きめの目的別カードローン審査

カードローン審査の時に、フリーローンのように事業資金以外なら用途は自由なモノと、目的別ローンのように用途が明確なローンがあります。
目的別のローンは、カードローン審査に担保が必要な場合もあります。

 

フリーローンの審査はわりとお手軽になっており、目的別ローンは審査が厳しいですが利息負担が小さく設定されるモノが多いです。
住宅ローンやリフォームローン、自動車ローン、教育ローン等、纏まったお金が必要になるので、審査も慎重になります。

 

銀行カードローンの審査について

 

私の場合は目的ローンで自動車ローンを使った事があります、そして住宅ローンの審査には落ちた事があります。
目的別ローンは審査基準が厳しく、例えば過去の返済履歴が悪かったり、他社借入があったりすると審査に落ちる事があります、フリーローンで小口のキャッシングなら貸す側もリスクが少ないですが、住宅ローンのような一生モノのカードローンになってくると、やはり審査が厳しくなります。

 

自動車ローン審査に通った時に、その後の返済で延滞を何回かしてしまった過去や、消費者金融での借入で多重債務になった経験等があり、そういったお金を借りた経験は信用情報として蓄積されるようになっており、過去五年に渡り照会できるようになっているようです、なので住宅ローンを組みたかった時には過去の履歴が要因になり落ちてしまいました。

 

その後はキチンと使うようになり、頭金等も用意して準備して住宅ローンのカードローン審査に通った事がありましたが、基本的には小さい規模の借入でもルール通りに使っておかないと、カードローン審査に通らなくなる可能性もあるので、普段から借金しないようにして、借金したとしても返済遅れは避けてルールに従って返済していきましょう。

 

特に目的別のローンは借入額が大きくなりがちですから、信用情報は重要になります、カードローン審査に通り難くならないように普段からお金にだらしなくならないように生活しておくのが良いです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日