家族にバレないキャッシングの契約のためのポイントを紹介します!

消費者金融を利用していることを家族に内緒にしたい場合には契約の際に注意が必要になります。消費者金融の契約については「新規契約」と「再契約」がありますからここではそれぞれについて解説したいと思います。

 

「新規契約」時で注意することについて

家族にバレないようにするためには、新規契約の申し込みの際には郵便物について注意することが必要になります。消費者金融に申し込むと自宅あてに郵便物が届くことが契約方法によってはあるかもしれません。その中身については契約書とキャッシング専用カードになります。カードローンに分類されるのが消費者金融のキャッシングですからカードの発行を受けることが必要になります。また金銭貸借の契約を結ぶのですから契約書もまた必要になります。消費者金融を実際に利用するためにはこの2つを受け取ることが必要ですから、契約の方法によってはこれらが自宅あてに郵送されてくるということになるのです。

 

それではこれらを郵送で受け取ることになる契約方法とはどのようなものなのでしょうか。これは契約書やカードをその場で受け取ることのできない方法、つまり郵送や電話やインターネットなどによる申し込み方法です。これらの方法で契約ができるというのは消費者金融の優れた特徴ですし、特にインターネット申し込みは申し込みから借り入れまでの一連の流れをすべてウェブ上で完結できるという便利で人気の高い方法です。現在ではどの消費者金融でもインターネットの自社ホームページなどに申し込みフォームを設けるようになりましたし、このインターネット申し込みは現在最も利用されている申し込み方法なのです。審査時間がかからないなど多くのメリットのあるインターネット申し込みですが、契約書やカードに関しては自宅へ郵送するという方法をとることになってしまいます。

 

ですから自宅あてに郵便物が届くのが嫌なのであれば、その場で契約書の受け取りやカードの発行が受けられる契約方法を選べば良いのです。つまり自動契約機や店頭窓口などを利用するということになります。大手の消費者金融は自動契約機を日本全国に設置しています。これらは小さなプレハブ小屋程度の店舗をイメージしていただければわかりやすいと思います。無人でスタッフはいない契約の専用機となっていて、店頭窓口と同じように契約書やカードを受け取ることができるのです。

 

 

「再契約」で注意することについて

通常一度消費者金融で審査を受けて契約をすれば、以降は再度の審査や契約などの手続きは不要で利用限度額の範囲内であれば好きな時に好きな金額を借り入れることができます。ですから消費者金融の利用に「再契約」の機会があることを知らないという人が多いかもしれません。

 

しかし利用限度額が増額された場合などには契約の内容が変更されることになりますから、再度契約書が発行されることになるのです。社会人として働いている人であればわかると思いますが契約書というものはとても重要です。金利や返済額や借入限度額などを中心に様々な条件が契約書には記載されています。その範囲内であれば借り入れが可能だというのが借入限度額ですが、これの増額が認められた場合などには改めて契約をして新しい契約書を発行する必要があります。これが「再契約」なのです。カードについては今までのものをそのまま利用すればよいのですが、新しい契約書を受け取ることが必要なのです。ですから郵便物を受け取りたくないという場合には、新規の契約と同じように店頭窓口や自動契約機を利用することをおすすめします。

 

消費者金融を利用していることを家族に内緒にしたいのであれば契約の方法を考えることが重要になります。このときには「申し込み」と「契約」を同じように考えがちなのですが、この二つは別に分けて考えると有利です。例えばまずはインターネットで申し込みを行って、審査に通ったことが確認できたらその後に契約を自動契約機で行うという方法もあるのです。申し込みと契約を別のものだと考えることが重要なポイントなのです。また同時に消費者金融のフリーキャッシングと銀行のカードローンに申し込んでみて、審査の結果を確認してから条件の良いものを選んで契約するという方法などもおすすめです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日